「ほっ」と。キャンペーン

プラバン参考作品

お昼になってしまいました!
皆様こんにちは♪

今日はプラバンについて、種類や参考作品等いろいろ載せますね♪


プラバンといえば、透明の板を想像される方が多いと思いますが、いろいろ種類があります。

白いプラバン、黒いプラバン、暗闇で光る蛍光プラバン、色鉛筆でも塗ることができるプラバン、印刷できるプラバンまで♪
面白いですねー!

厚みもいろいろ♪

0.2mm→元が薄いので、縮んだ後も割と薄いです。小さなモノを作る時に向いています。大きなモノを作ると、完成品の使用方法によっては割れてしまう恐れがあります。

0.3mm→厚みもある程度あり、扱いやすいサイズです。(個人的な意見です。)

0.4mm→強度が欲しい時や、厚みを出したいときに使用します。元が厚いため、お子様だとハサミで切るのが少し大変かもしれません。

作るモノによって、厚みや種類を変えるとよいですね♪



昔懐かし、小学生のときに経験した方も多いと思います。

が!

お子様がするプラバン遊びのイメージはもう捨ててください!進化していますよ♪
大人も楽しめる…というより、凝り出すとものすごく奥が深いです!


ではでは、文字ばかりの説明はこれくらいにして、参考作品の紹介に移りますね♪


透明のプラバンと、白いプラバンを使用した作品です。

【手描き動物イラストのブローチ UVレジンがけ】

e0320951_113439.jpg


透明プラバンの下に写真を置いておき、油性マジックでなぞります。
影は点々をたくさん描くと、それなりに上手く見えますよ♪

e0320951_1134530.jpg

ブローチピンが透けて見えないようにするため、裏には縮めていない白いプラバンを貼り付けます。

e0320951_1134460.jpg

縮めてから仕上げにUVレジンをかけて固めると、ツヤっとふっくら、高級感のあるアクセサリーになりますよ♪

※油性マジックの上から直接レジンをかけると、滲むことがあります。表面をコーティングしてからレジンをかけてください。
スタンプの油性インク用コート剤であるステイズオンコートなどが良いと思います。他に使用できるコート剤は、現在実験中です。





【スタンプを押して縮めるだけ!簡単おしゃれブローチ♪】
e0320951_1134694.jpg


細かい模様を描くのは面倒だ!という方にオススメなのはスタンプです♪

ただ、プラバンの表面がツルツルのままだと、押す時に滑りやすく、細かい模様は潰れてしまいます。

ここで色鉛筆でも色を塗ることができるプラバンを使用します♪表面に凹凸があるので、これを利用するとスタンプも綺麗に押すことができますよ♪

使用したのはちぢみくんの白色プラバン。スタンプのインクは油性にしてください。

e0320951_113489.jpg

このブローチピンはプラスチック対応のボンドで貼り付けています。

コーティングにUVレジンを使用するときは、接着剤としても利用できるので一石二鳥♪…という方法もあります。



縮める前に二つ穴を開けておけば、ボタンにも♪
e0320951_11346100.jpg

お洗濯の実験まではできていません。色移りや色落ちする可能性があるので、注意してください!




【すりガラス風プラバンチャーム】
e0320951_1134795.jpg

先程、ツルツルのままだと細かい模様はでませんと書きました。
私が知っている限り、色鉛筆でも塗ることができる凹凸のあるプラバンは不透明で白色のものしかないです。

嫌だー!透明がいいー!という方は、一手間かかりますが、やすりがけをしてください。

目の細かい紙やすり等で、均等にまんべんなく削ります。このとき、荒削りをしてしまうとインクが筋を通って、滲んでしまうのでご注意を。

e0320951_1134883.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、すりガラスのような仕上がりになります。

※スタンプを押す面だけでなく、裏面も削っておくと仕上がりが素敵ですよ♪
片面しか削っていない場合は、裏から見るとすりガラスの雰囲気はありません。
ツヤっとしているのであえてそちらを表にしても良いのですが、なんせ裏面なので文字等のスタンプの場合、反転してしまいます。残念。



さぁさぁ!
マニアックなことをいろいろ書いたのでややこしくなってきましたね!

少し整理します。

ツルツルなプラバンにスタンプは押せませんと書きました。

凹凸のあるプラバン(色鉛筆でも塗ることができるもの)には綺麗に押せますよと書きました。

ツルツルのプラバンには一手間かけて、やすりがけをしておくと、綺麗に押せますよと書きました。

なんとここで、例外が発生します!

ツルツルのプラバンにやすりがけをせず、綺麗にスタンプを押す組み合わせがあるのです♪

それは、
黒いプラバン×白インク!

白インクは粘度があるため、プラバンがツルツルのままでも滑りにくいですし、ピタッと定着してくれます。

ただ、色が白なので…。
透明のプラバンに押す時は、裏から色を塗るか、縮めてからマスキングテープや生地を貼る等して白を強調した方が可愛くなるかもしれませんね!

もうそんなのめんどくさい!ややこしい!という人(私)には、黒いプラバンがオススメ!

ポン♪と押して切って縮めるだけ♪

パーツをつければ簡単アクセサリーの出来上がりー♪

【黒いプラバンに白いスタンプを押すだけ!簡単ピアス♪】
e0320951_11341029.jpg

e0320951_1134105.jpg



いかがでしょうかー?

書きたいことは山ほどあるのですが、今日は最後にあと一つ。


【プラバンで作るオリジナルまち針】

e0320951_11341193.jpg

ちっちゃなちっちゃな作品ですが、小技満載ですよ♪

小さなプラバンパーツを作って、ボンドかレジンで針にくっつける方法もありますが、これは、針ごとトースターに入れるやり方です♪

①縮めていないプラバンにこんな形の葉っぱ模様を描きます→∞

②中央に目打ちでほんの少し穴をあけ、まち針を通します。

③針ごとトースターに入れ、加熱します。

チーン♪

④熱いうちに曲げ、葉っぱを立ててあげます。
針も熱くなっているので火傷に注意してくださいね!

⑤針が抜けてしまわないよう、ほんの少しボンドかレジンをつけてかためたら出来上がり!

お花模様等、いろいろアレンジできますねー♪


今、羊毛で作ったピンクッションと組み合わせて、可愛いまち針セットができるように講習企画中です♪
お楽しみに♪

※まち針はシルクピン(薄い生地用の針)を使用しています。一般的なまち針より針が細く柔らかいです。


これはまだまだ改良が必要ですが、プッシュピンにつけたり、いろいろ応用できそうですよね!



また面白いものができたら報告しますので、お楽しみに♪

あと、今日は応用編ばかりで、肝心の綺麗に縮めるコツ等全く書いていませんでしたね。

今度、プラバン基礎編の記事も書きますー!



最後まで読んで頂き、
ありがとうございました♪
[PR]
by ame_to_mushi | 2013-12-08 02:15